PukiWiki を携帯電話の絵文字に対応させるパッチ

目次

概要

PukiWiki で携帯電話の絵文字を使えるようにします。 HTML_Emoji ライブラリ のテストのために作ったものですが、 もう少し手を加えれば、それなりに実用になるかもしれません。

サンプル

HTML_Emoji ライブラリのページは、 このパッチを適用した PukiWiki で作られています。 以下のページをご覧下さい。

ただし、書き込みはできないようにしてありますので、 絵文字の入力も試してみたい方は、自分でパッチをダウンロードして試して下さい。

動作環境

現在は、以下のパージョンの PukiWiki に対応しています。

  • PukiWiki 1.4.7 (UTF-8 版) 以降

インストール

パッチファイルをダウンロードし、 PukiWiki 1.4.7 UTF-8 版にパッチを適用します。

$ tar xvfzp pukiwiki-1.4.7_notb_utf8.tar.gz
$ cd pukiwiki-1.4.7_notb_utf8
$ unzip pukiwiki_emoji-20100607.zip
$ patch -p1 < pukiwiki-1.4.7_utf8_emoji.diff
$ rm *.diff

HTML_Emoji ライブラリをダウンロードし、PukiWiki の lib ディレクトリの下に展開します。

$ cd lib
$ unzip HTML_Emoji-0.8.zip
$ rm -rf examples

PukiWiki の image ディレクトリに emoji というディレクトリを作成し、 その下に HTML_Emoji 用の画像ファイルを置いて下さい。

$ cd image
$ unzip emoji_images.zip
$ mv images emoji

使い方

携帯電話から絵文字を書き込んで下さい。 ただし、ページ名には絵文字は使えないようにしてあります *1。 表示する際には、他キャリアの絵文字は、その端末で表示できるように自動的に変換されます。

編集する際には、他キャリアの絵文字は数値文字参照に変換されます。 逆に、数値文字参照で入力すれば、PC からも絵文字を入力することが可能です。

ライセンス

以下のライセンスに従って利用して下さい。

絵文字モジュール emoji.php
MIT ライセンス
PukiWiki 用パッチ
GPL ライセンス

ダウンロード

HTML_Emoji ライブラリと画像ファイルは、libemoji.com のサイトから入手して下さい。

更新履歴

  • Version 20100607
    • PukiWiki 1.4.7 (UTF-8 版) 以降用のパッチを公開

*1 参考: #1968 (SNS名に絵文字を入れた場合、titleにIMGタグが入ってしまう) - OpenPNE